SUSTAINA
BILITY

SCROLL

技術リソースのシェアリングを軸に

持続可能な社会の実現を目指して。

持続可能な社会の

実現を目指して。

ESGステートメント

「21世紀で最も感動を与えた会社になる」というグランドビジョンのもと、

ギークスはグループ一丸となって、フリーランスという新しい働き方の推進や人材育成、

自社の技術力を活かしたDX推進やプロダクト開発などの

事業活動を通じて社会に貢献し、企業成長を続けています。


これからもギークスグループは、持続可能な社会の実現、

継続的な企業価値の向上を両立させるため、

ESG経営に取り組んでまいります。


2021年4月1日 代表取締役CEO 曽根原 稔人

ギークスの5つのマテリアリティ

ギークスの


5つのマテリアリティ

ギークスグループは、
SDGsの達成、持続可能な社会の実現を目指して、
5つのテーマに取り組みます。

技術リソースのシェアリングで
IT人材不足を解決
経済産業省のIT人材需給ギャップ観測では、2030年には最大79万人が不足すると想定されており、IT人材不足が深刻化しています。 IT人材の育成・確保は企業の経営課題となっており、企業の枠を超えて複数のプロジェクトに携わるITフリーランスの人材活用が注目を浴びています。 ギークスはITフリーランスの有する技術スキル・経験・志向性、そして企業の案件をデータベース化し、企業のニーズに応える最適なマッチングを実現します。 ギークスが「技術力をシェアするプラットフォーム」の役割を担い、雇用にこだわらない人材活用で社会のIT人材不足を解消します。
取り組み施策
・働き方の多様性を推進
・企業の深刻なIT人材不足を解決に導く
・技術革新・開発領域のインフラの役目を果たす

取り組みに関連する事業

フリーランスが安心して働ける
社会・環境の整備
政府の働き方改革による「雇用によらない働き方」の推進や、多様な働き方の意識が広がり、フリーランスという働き方を選択する方が増加しています。 ギークスは「働き方の新しい『当たり前』をつくる」を事業ミッションに掲げ、ITフリーランスの働き方を支援しています。 これまで20年以上、ITフリーランスとパートナーシップを構築してきたギークスは、ITフリーランスの声をもとに働き方を支援するサービスを生み出してきました。 ITフリーランスが安心して長く働ける環境づくりを目指しています。
取り組み施策
・案件探しや契約事務の代行
・開発環境の整備をサポート
・正社員同等の福利厚生サービス
・スキルアップのための学習機会の提供
・ライフサポートやセーフティネットの充実

取り組みに関連する事業

次世代で活躍できる人材を育成
IT人材の不足が叫ばれるなか、グループ会社では、法人向けSaaS型DX/IT人材育成サービス「ソダテク」の提供やプログラミングスクールを運営しており、グローバルに活躍できるIT人材の輩出に貢献しております。 スクール受講生は、学生やエンジニアへのキャリアチェンジを目指す社会人が多く受講しており、 卒業後は大手IT企業への就・転職や、起業など幅広く活躍しており、卒業生コミュニティも形成されています。 留学コースでは、多くのフィリピン人が英語講師として活躍しており、雇用創出の一助となっています。
取り組み施策
・グローバル人材・エンジニアへの
 
キャリアチェンジ・アップを支援
・事業の売上の一部を学習教材として
 
フィリピンのこどもたちへ
・フィリピンにおける雇用創出
・国境なき子どもたち(KnK)特定非営利法人へ
 
継続的な支援

取り組みに関連する事業

コーポレート・ガバナンスの強化
ITフリーランスネットワークの構築と普及、IT人材育成という事業の性質上、社会からの信頼を得ることは必要不可欠です。 そのため、健全性の高い組織を構築し、永続的に維持していくことが会社存続のために重要であると考えています。 法令・社会規範・倫理などについて継続的に意識の維持向上を図り、適正かつ効率的な経営活動に取り組みながら、コーポレート・ガバナンスの一層の充実に努めます。
取り組み施策
・安心・安全・公正な取引
・リスクマネジメントの強化

コーポレート・ガバナンス

パートナーシップ
持続可能な社会の実現を達成するためには、ステークホルダーとのパートナーシップが重要であると考えています。 社員・家族・ITフリーランス・パートナー企業・株主・社会との接点において、ギークスが果たす役割を最大化させます。
取り組み施策
・社員のダイバーシティ
・社内におけるサスティナビリティ活動の啓蒙
・パラアスリート社員の応援
・ワークライフバランス・育児と仕事の両立支援
・ITフリーランスネットワークの構築
・共同開発(パートナー協業・オフショア)
・持続可能な社会実現に向けた企業への投資
・企業訪問の受け入れやキャリアイベントの開催

ESGマップ

ESGマップ


持続可能な社会の実現、
継続的な企業価値の向上を両立させるため、
ESG経営に取り組んでいます。

健康経営への取り組み

健康経営への取り組み


健康宣言

ギークスグループでは、

様々な事業活動を通じて社会に貢献するには、

まず当社従業員とその家族の心身の健康が不可欠であり、

重要な経営資源の一つであると考えております。

グランドビジョンの実現に向け、

従業員が十分な力を発揮し

活躍できる環境作りに取り組み、

健康経営を積極的に推進します。

2021年5月

健康管理・促進
健康促進と安全快適を目指し、心身共に快適な状態で仕事に取り組めるよう環境を整備しています。 定期健康診断の受診率100%を目指し、2020年度は100%を達成しました。 また女性特有の疾病対策として婦人科検査を会社負担にて実施し、早期発見・予防した上で無理なく働けるよう積極的に推進しています。 その他通勤ストレスの軽減や健康促進に向けた自転車通勤制度やエクササイズイベントの実施など、会社と従業員のヘルスリテラシー向上を図っています。
取り組み施策
・健康診断・婦人科健診実施
・コラボヘルス推進
・インフルエンザ予防接種補助
・自転車通勤制度
PICKUP!

「エクササイズウィーク」実施

オフィスでできるストレッチ動画の配信やオンラインエクササイズを実施。当社で働くパラアスリートの力を借りて、運動不足やコミュニケーション不足解消に向けて推進。
ワークライフバランス
様々なライフイベントや生活の変化に対応し、安心して仕事に取り組めるようサポートしています。 柔軟な勤務体系や制度で、長時間労働の抑制はもちろん、キャリアアップの機会を提供し、 一定の条件のもと資格取得時にお祝い金の支給、また様々な休暇制度を用意し、取得促進を行っています。 従業員だけではなく、日頃を支えて下さっているご家族の方へ感謝を伝え、どのようなメンバーと働いているのかなど、 当社の雰囲気を知っていただけるようなイベントも積極的に実施しています。(感染対策のため現在中止)
取り組み施策
・フレックスタイム、時短勤務制度
・ノー残業デーの設定
・勤続手当
・資格取得祝金制度
PICKUP!

福利厚生制度「ファミサポ」

出産や子育てのフェーズによって会社が様々なサポートを行う、子どもがいる社員を支援する制度。従業員またはその配偶者への出産祝い金や、1歳~3歳の子どもへのお誕生日にバースデーお祝い金を支給。
メンタルヘルス対策
メンタルヘルス対策は、不調者を減らすだけではなく、基本知識をインプットすることで、 セルフケアの促進やメンタル不調が起因となる疾病を未然に予防します。 ギークスグループでは、社内外の相談窓口設置はもちろん、復職からその後も定期的に人事担当者と面談を実施するなど、 無理なく安心して働けるよう支援しています。また毎月1回組織サーベイを実施し、従業員のエンゲージメントを可視化し、 社内活性化や職場環境の改善などへの対策を積極的に取り組んでいます。
取り組み施策
・社内外相談窓口設置
・復職支援プログラムの実施
・組織サーベイの実施
PICKUP!

ストレスチェックの実施

セルフチェックによる早期発見・予防を目的に、年1回実施。結果を受けて不安や悩み事がある従業員には、実施後に産業保健師と精神保険福祉へ相談出来る専用窓口を設置。
ギークスグループは、
ESGステートメントのもと、
パートナーの皆様と持続可能な
社会の実現に向けて取り組んでまいります。
「CSRレポート2022」は
下記「CSR REPORT」ボタンよりご覧いただけます。

CSR REPORT