ITフリーランス市場における需給トレンドを表す「ギークス案件倍率レポート」 ~2021年9月の案件数が統計開始より最大数に、案件倍率は12.13倍~

 ギークス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:曽根原 稔人、以下ギークス)は、案件数と案件を探すITフリーランスの人数から算出した「案件倍率」をまとめた、「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表いたします。このデータは、ITフリーランス市場における需給トレンドを表すものです。ギークスでは、本レポートを四半期に一度発表しており、今回は2021年7〜9月の案件倍率をまとめています。

2021年7~9月における「案件倍率」のトレンド

 2021年7〜9月の案件倍率は、7月は9.51倍、8月は10.96倍、9月は12.13倍と推移しました。案件数で見ると、9月は案件数が大きく増加。前年比173%の案件数となり、2020年1月〜2021年9月の中で最も案件数が多くなりました。案件数が増加した背景として、引き続きIT人材が不足しており、企業からのITフリーランス活用のニーズが高いことが挙げられます。そのような中で、これまでITフリーランスを活用したことがない企業からの問い合わせが増加傾向にありました。

 案件の内訳としては、コロナ禍で減少していた飲食関連や、ヘルスケア・フィットネス関連の案件が増加しました。また、引き続き「JavaScript」・「PHP」のスキルを持つITフリーランスのニーズは高くなっています。

▼月別の案件倍率の推移
2020年
10月:7.88/11月:8.10/12月:8.74
2021年
1月:8.22/2月:6.26/3月:6.57/4月:8.53/5月:6.49/6月:8.81/7月:9.51/8月:10.96/9月:12.13

2021年10~12月のトレンド見込み

 案件数に関して、10月は8月と同程度の案件数、11月以降は増加する見込みです。例年、年末に向かうにつれて案件数が増える傾向にあり、本年も同様の傾向が予想されます。案件内容としては、引き続きゲーム分野の案件が堅調に伸びることが見込まれる他、直近では建築・不動産分野の案件が増えており、今後も増加することが考えられます。

 案件を探すITフリーランスに関しても、12月末で参画中のプロジェクトが一段落して次の案件を探すITフリーランスの方や、新年をきっかけに1月からITフリーランスに転身を検討する方が増えていることから、11月以降は増加が予想されます。

 ITフリーランスを活用する企業の増加から、引き続き「売り手市場」が続くことが予想されます。緊急事態宣言が解除後は、業務効率やコミュニケーションの円滑さなどを考慮しながら、出社・リモートワークのバランスを見直している企業が増えている一方、ITフリーランスはリモートワーク可能な案件への参画を希望する方が増加傾向にあります。ITフリーランスの活用を検討されている企業様には、オフィスのある地域にお住まいのITフリーランスに対象を絞らず募集することを、選択肢の1つとして提案しています。

※「案件倍率」とは
 「案件倍率」は、ギークスが運営する案件検索サイト「geechs job(ギークスジョブ)」にて案件を探すITフリーランス1人に対して、企業案件が何件あるかを算出した数値(小数第三位を四捨五入)です。

ギークスの「IT人材事業」とは

「働き方の新しい‟当たり前”をつくる」を事業ミッションに掲げ、ITフリーランスの働き方を支援し、企業とマッチングするサービスを展開しています。20年以上の支援による豊富なノウハウがあり、登録者数18,000名の日本最大級のエージェントです。ビデオ会議ツール・対面でのヒアリングでITフリーランスのスキルや志向性を正確に把握し、企業のニーズに応える最適なマッチングを実現します。ギークスが技術力をシェアするプラットフォームとなることで、雇用にこだわらない人材活用で社会のIT人材不足を解消します。

<提供サービス>
ITフリーランス専門の案件検索サイト「geechs job(ギークスジョブ)
ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ

会社概要

会社名:ギークス株式会社
所在地:〒150-6139 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア 39階(WeWork内)
事業内容:IT人材事業、ゲーム事業、x-Tech事業、Seed Tech事業
代表取締役CEO:曽根原 稔人
Webサイト:https://geechs.com/

ギークス株式会社 広報 pr@geechs.com