ITフリーランス市場における需給トレンドを表す「ギークス案件倍率レポート」を発表 ~ 2020年12月には案件数回復。2021年3月に向けて案件数増加の見込み ~

 ギークス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:曽根原 稔人、以下ギークス)は、案件数と案件を探すITフリーランスの人数から算出した「案件倍率」をまとめた、「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表いたします。このデータは、ITフリーランス市場における需給トレンドを表すものです。今回は、2020年1月~12月の案件倍率をまとめています。

2020年1~12月における「案件倍率」のトレンド

 2020年1~12月の案件倍率は、最も多い月が1月で11.45倍、最も低い月が5月で3.90倍となりました。
 5月に案件倍率が大きく減少した要因として、新型コロナウイルス感染症拡大により、4月に緊急事態宣言が発令されたことが挙げられます。そのため、「今後の事業活動が見通しづらいため、一旦人材の受け入れを抑制する企業」や、「リモートワーク環境を整えることを優先する企業」が増えたことで、5月は案件数が大幅に減少しました。
 しかし、6月以降はSaaS・ヘルスケア・EC分野を中心に案件数が徐々に回復。12月には、案件数は1月と同等程度に回復し、案件倍率は8.74倍となりました。IT人材が不足している状況は、コロナ禍でも変わらず、引き続きITフリーランスのニーズは高まっています。

▼月別の案件倍率の推移
1月:11.45/2月:9.18/3月:7.90/4月:6.63/5月:3.90/6月:5.08
7月:7.75/8月:6.48/9月:7.53/10月:7.88/11月:8.10/12月:8.74

 案件の内訳を詳しくみると、ウェブ開発のスキルを必要とする案件が多くなっており、最近では「JavaScript」・「Go」・「Ruby」などのスキルを持ったITフリーランスへのニーズが高まっています。

■2021年1~3月のトレンド見込み

 2020年4月に緊急事態宣言が発令された際には、案件数の減少が見られましたが、2021年1~2月の一部都市で発令された緊急事態宣言後については、昨年と比べて各社緊急事態宣言の発令による影響が見通し易くなっていることや、リモートワーク体制が整っていることから、前回のような案件数の減少はみられておりません。
 また、4月に期初となる企業が多いため、3月は案件数の増加が見込まれます。よって、これからITフリーランスに挑戦しようと考えている方や、他の案件への参画を検討しているITフリーランスの方は、案件探しを早めに開始することをお勧めしています。

※「案件倍率」とは
 「案件倍率」は、ギークスが運営する案件検索サイト「geechs job(ギークスジョブ)」にて案件を探すITフリーランス1人に対して、企業案件が何件あるかを算出した数値(小数第三位を四捨五入)です。

ギークスの「IT人材事業」とは

 「働き方の新しい‟当たり前”をつくる」を事業ミッションに掲げ、ITフリーランスの働き方を支援し、企業とマッチングするサービスを展開しています。15年以上の支援による豊富なノウハウがあり、登録者数17,000名の日本最大級のエージェントです。ビデオ会議ツール・対面でのヒアリングでITフリーランスのスキルや志向性を正確に把握し、企業のニーズに応える最適なマッチングを実現します。ギークスが技術力をシェアするプラットフォームとなることで、雇用にこだわらない人材活用で社会のIT人材不足を解消します。

<提供サービス>
ITフリーランス専門の案件検索サイト「geechs job(ギークスジョブ)」
ITフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ

ギークス株式会社 広報
電話(03)6690-0001 FAX (03)6690-5982 pr@geechs.com
東京都渋谷区道玄坂2-11-1 G-SQUARE 10F