facebookページへ

新卒が開発したゲームアプリ3本が配信!ゲーム制作のトータルフローを学ぶG2 Studiosの新卒開発研修

G2 Studios(G2スタジオ)へ配属となった2018年度の新卒社員が企画開発したゲームアプリ3本が、iOS/Android の両 OS 向けに「Gprout」ブランドとして配信されました。

Gprout(ジープラウト)

Gproutとは、G2 Studiosのインディーズ系ゲームブランドです。G2 Studiosから新たな芽(sprout)を出すという意味が込められています。今回配信された3タイトルはGproutから出る初のゲームアプリです。

入社後3週間セブ島新卒研修を行い、その後約4ヶ月半かけてゲームづくりに励んできた18名の新卒メンバー。今回の新卒開発研修を通して感じたことや学んだことを聞いてみました。

G2 Studiosの新卒開発研修とは

G2 Studiosの新卒研修は、若手育成プロジェクト「G’Academia」のメンバーが企画や運営を担当しました。新卒メンバーが本配属後によりよい形でスタートを切れるよう、昨年度の新卒や現場のメンバーの意見を踏まえ、何度も議論を重ねながら研修内容を決めていきました。

そして、G2 Studios配属の新卒メンバーは、セブ島研修・全体研修・職種別研修を経て、5月下旬からゲームアプリの開発研修に臨みました。プランナー1名、デザイナー1~2名、エンジニア3~4名の構成で1チーム6人の3チームに分かれ、各チーム1本ずつゲームアプリの開発に取り組みました。


5月下旬:チーム発表・ワンシート企画書の作成
6月中旬:10枚程度の企画書の作成
6月下旬:α版の開発
7月中旬:α版レビュー会
7月下旬:β版開発
8月中旬:RC版開発
9月初旬:試遊会
9月中旬:ブラッシュアップ
9月下旬:マスター版提出
10月23日:iOS版、Andoroid版を3本同時配信

3チームのプランナーにインタビュー

研修を終えた新卒メンバーに研修の感想を聞いてみました。


▲2018年度新卒入社、プランナーの

チームで話し合いを繰り返し、何度も作り直した企画書


▲チームごとに毎朝行っていた朝会の様子

:セブ島での研修を通じて仲良くなっていたメンバーがチーム内に多くいたのでチームの雰囲気はよかったですね。でも、好きなゲームや作りたいゲームがみんなそれぞれ違って、思いも強くて、最初はなかなか意見がまとまらなかったです。

:私のチームは、最初は意見が出なくて会議で沈黙が続いてしまうこともありましたが、企画を考えていくうちに「面白いゲームをつくりたいという気持ちはみんな一緒」ということに気づき、それからは自然と意見が出るようになりました。


▲先輩社員のフィードバックを真剣に聞く新卒メンバー

:ゲームの概要を簡潔にまとめたワンシート企画書は、3チームとも3回くらいボツになりました。チーム内で練れるだけ練ったものを提出しても、メンターの先輩社員から想定外のところで指摘を受けることが多く、まだまだ色々な角度から考えられていないと自分たちの未熟さを痛感しました。

:僕たちのチームは「ユーザーに対するストレスが高すぎる、ソーシャル向けじゃない」と何度も同じフィードバックがありました。無意識に自分たちの好きなゲームをベースに考えてしまっていて、ターゲットであるユーザーを分析してその目線で企画を考えることができていなかったと知りました。今までたくさんゲームをプレイしてきたつもりでしたが、まだまだ足りないと思いました。

企画が通り、いざ開発に…


▲α版レビュー会の様子

:企画が固まって開発に入ってからは、プランナー・デザイナー・エンジニアの職種ごとについてもらっていたメンターの先輩社員に、困ったことがあったときは相談にのってもらいました。α版提出後に、大勢の先輩社員の前でレビュー会を行ったのですが、初めてゲームをプレイする先輩社員の意見にたくさんの学びと気づきがありました。

:開発中はスケジュール管理が最も苦労しました。レビュー会でのフィードバックを受けてから修正をしなければいけないところが増え、限られた時間の中でどこまでできるのか、何を削って何を残すかの取捨選択の判断に戸惑い遅れてしまいました。他にも、工数の見積もりの甘さやタスク漏れなどが影響し、ほとんどスケジュール通りに進めることはできませんでした。多くの失敗や反省がありましたが、急な仕様変更に対応できたことが自信につながりいい経験だったとエンジニアメンバーは話していました。

4ヶ月半の研修を振り返って


▲社長や役員も参加したリリース直前の試遊会

:最初は「まだ時間がある」と思っていましたが、開発に入ってみると全然足りなくて、充実した毎日であっという間でした。同期と協力し、メンターの先輩社員に教えてもらいなんとか配信まで漕ぎ着けることができました。開発研修中に技術面でもビジネス面でも得られることがたくさんありました。

:ゲームづくりは本当に大変なんだと実感しました。企画から配信まで、ゲーム制作の一連の流れがわかったのと、自分の仕事がどのように繋がっていくのか理解することができた貴重な経験でした。また自分の欠点や勉強不足な点に気づくことができたのもよかったと思います。

:毎日様々な壁にぶつかり、それを一つひとつ乗り越えてきたことで、自身の成長を実感することができましたし、嬉しかったことや楽しかったことがたくさんありました。密にコミュニケーションをとりながらのチーム開発により、他職種への理解も深まりました。配属先のプロジェクトでは、1人のチームメンバーとして主体的に行動していきたいです。

新卒社員が開発したゲームアプリ3タイトルを紹介!

警備員と不思議な博物館

ゲーム概要:【G2 Studios】新卒開発アプリ「警備員と不思議な博物館」が配信開始!
ダウンロード:App Store
       Google Play

弓巫女伝

ゲーム概要:【G2 Studios】新卒開発アプリ「弓巫女伝(ユミコデン)」が配信開始!
ダウンロード:App Store
       Google Play

ほこりまみれ

ゲーム概要:【G2 Studios】新卒開発アプリ「ほこりまみれ」が配信開始!
ダウンロード:App Store
       Google Play

配信日はケーキでお祝い

ゲームアプリの配信を祝して、新卒メンバーにケーキをプレゼント!各ゲームアプリのアイコンがプリントされている特製ケーキです。新卒のみなさん、お疲れ様でした♪

4ヵ月半の研修を通して、ゲーム制作のトータルフローを身をもって理解し、10月からそれぞれのプロジェクトへ本配属された新卒メンバー18名。研修で学んだことを生かし、それぞれの場所で活躍してくれることを期待しています。

2recruit
RECRUIT
一緒に働く仲間を募集しています!
募集職種など詳細はこちらをご覧ください。