facebookページへ

国内では経験できない凝縮された3週間!セブ島新卒研修の様子をレポート!

27名の新卒社員が、NexSeedにて3週間、全員共通のカリキュラムでプログラミング技術の基礎や英語を学び、同期の絆を深めるセブ島新卒研修。今年初の試みとして実施した3週間の研修の内容について、新卒社員のインタビューを交えつつお伝えします。

新卒セブ島研修が発表された内定式:内定式で行われた「重大発表」!?2018年度の新卒社員はセブ島研修!
セブ島出発前のガイダンス:いよいよセブ島へ出発!27名の新卒社員が研修への意気込みを語る!
セブ島から帰国後の入社式:セブ島研修から帰国した新卒社員の入社式を行いました!

セブ島研修の目的とは

一番の目的は、同期としての強固な繋がりを形成すること。27名の新卒は、職種が営業職、エンジニア職、ゲームプランナー職、デザイナー職と分かれており、キャラクターも職種ごとに色が異なります。また、選考フローも異なっていたため、研修前にはほとんど接点がない状況でした。

そんな彼らに、慣れない異国の地で研修に取り組むという経験を通じて、帰国後の仕事においても互いに助け合い、切磋琢磨できる関係性を築いてほしいという会社の思いから、このセブ島研修が実現しました。

研修内容&スケジュールを公開!

彼らが研修中に行っていた内容は大きく分けて3点です。

1.英語

1日に3人のフィリピン人の先生とマンツーマンでレッスンを行う形式です。先生一人当たりとのレッスンは約50分間に設定されており、レベル別の教科書を元に、セブでの生活や日本のカルチャーの話も交えながら全て英語で進められています。毎日先生ごとに違った課題が出されるため、英語だけで1日3つの課題が出ることも珍しくありません。


▲フィリピン人の先生とマンツーマンでレッスン

2.プログラミング

全員同じ教室に集まり、webの基礎(CSSやHTML等)やwebデザイン、webマーケティング等について学びます。講師からプログラミングの講義はもちろん、ビジネスマインドなどのレクチャーもあります。IT人材事業本部配属の新卒は、プログラミングはほぼ初挑戦のメンバーばかり。ゲーム部門(G2 Studios)配属のエンジニアの同期が、授業の合間にサポートをする姿も多く見られました。


▲プログラミング授業

3.チームビルディング

研修前ガイダンスで発表されたミッション「自分たちの学びをクオリティ高く、オリジナリティの溢れるプレゼンをせよ!」を達成するため連日夜遅くまでミーティングを重ねました。最終的には、帰国後の全体会議での全社員に向けたプレゼンテーションと、研修での学びをまとめたwebサイトを公開しました。


▲成果物であるwebサイトの一部


― 8:00      
専用バンで寮からNexSeedへ移動

― 9:00~11:50  
1対1の英語授業×3コマ

― 12:00~13:00 
休憩(昼食)

― 13:00~15:50 
プログラミング授業

― 15:50~17:45 
自習

― 17:45    
専用バンで寮へ移動
夕食後、チームビルディング課題

休日にはアクティビティに挑戦!

英語とプログラミングのカリキュラムがお休みの日に、チームビルディングのためのアクティビティとして行ったのは、アイランドホッピング。アイランドホッピングとは、セブ島近海の小さな離島へ船で向かうアクティビティです。さらに、船の中や到着した先で2つのワークに取り組み、関係構築を図ります。

1.他者を知り、チームをアピールする

船の中では27名が3班に別れてワークを行います。各チームに何も書かれていない旗が渡され、各チームごと自由にチームを表す言葉を旗に記載します。そしてその旗を使い、ダンスを踊りながら全体に向けて自分たちのアピールを行います。ダンスは曲の選択も踊りも自由。応援団のようなダンスをしたり、j-popの曲にあわせて踊ったりと、チームの色がはっきり分かれます。このワークは、フィリピンでは一般的なチームビルディングの内容だそうです。

2.自分の強みと弱みを知る

事前に考えてきた自分の強み弱みと、他の人が感じている「自分への印象」の差を知り、今後自身がどうなりたいか考えるワークです。

セブ島研修開始の1週間後に実施したため、まだお互いを深く知る前だったアクティビティ。この研修をきっかけに、お互いがどんな風にお互いを認識していたかを感じ取り、親交を深めるきっかけになる体験でした。

3週間の研修を終えた新卒にインタビュー

実際に研修に参加してみてどんなことを感じ何を学んだのか?IT人材事業本部配属の新卒社員に話を聞きました。

―セブ島研修前はどんな心境でしたか?

:自分が成長するための貴重な機会になる!という期待はもちろんありましたが、まだほとんど話したことの無い同期と3週間過ごすことへの不安の方が大きかったです。
 
―研修を通じて同期の関係はどう変化しましたか?

:当初はそれぞればらばらの方向を向いていましたが、3週間の研修を通じて、一緒に悩んで物事を改善しようとするそんな強い関係になれたと思います。セブ島という慣れない異国で3週間の寝食を共にするということは、いい意味で逃げ場が無い環境に身を置くということでした。

それぞれ色が違うからこそ、情報の共有や課題の進め方1つにとっても、自分が今まで当たり前だと思っていたことが、相手にとっては当たり前ではないことに悩みました。私はその状況を解決するために、自分を知ってもらうアクションと、相手を知るコミュニケーションをたくさんとるよう心がけました。最初は仲のいいメンバー同士しか腹を割った話ができませんでしたが、次第に誰とでも悩みや意見をぶつけ合うような関係になりました。毎日一緒に過ごすことで、互いが何に悩み、どう自分を変えていこうとするかのプロセスが見えたのはとても貴重な経験だったと思います。


▲毎日一緒に過ごす同期と食事に出かけることも。

―NexSeedの雰囲気はどうでしたか?

:みなさんアットホームで温かく、家族のような雰囲気です。先生たちは、自分が担当する生徒ではなくても気に掛けてくれて、みんなで生徒を見ているということが伝わりました。もちろん、厳しさもあります。例えば、研修初日のNexSeed代表・高原さんからのオリエンテーションは私たち新卒の研修スタンスを大きく変えるものでした。


▲NexSeed代表・高原によるオリエンテーション

―具体的にはどんな変化があったのですか?

:社会人としてのビジネスマインドがセットされ、限りある時間の中で学びや成果を最大限得るためには、どう行動しなければいけないかを常に考えて動くようになりました。出来ないことが当たり前ではなく、出来ることを増やしていくために自分で出来ることは精一杯すること。特に事前に準備をする大切さは、高原さんにはもちろん、他の先生方にいつも教えていただいていたので当たり前に行うようになりました。正直、セブ島に到着してすぐは、自分のことしか見えていなかったですし、まだまだ学生気分が抜けていなかったと思います。高原さんはそんな私たち新卒の様子をすぐに感じ、厳しいご指摘をしてくださったんだと思います。
 
―英語とプログラミングの授業はそれぞれどうでしたか?

:英語は、3つのレベル(Beginner>High Beginner>Low Intermediate)にわかれており、研修前は「High Beginner」でしたが研修後には「Low Intermediate」になりました。このレベル分けは、事前に行われた英語のテスト(listening/writing/speaking等)をもとに行われます。「Beginner」は英語の単語やフレーズは聞き取れるがほとんど話せない人までが含まれ、「Low Intermediate」はビジネス英語を学ぶカリキュラムに参加できるレベルまでに達したことを意味します。同期もほぼ全員レベルアップしました!何よりも英語をコミュニケーションツールとして使うことに前向きになれました。研修前は話すことに躊躇してしまったのですが、次第にセブ島のお店で英語を使うことにもすっかり慣れました!


研修前
Beginner :14名 / High Beginner:10名 / Low Intermediate:3名 

研修後
Beginner :1名 / High Beginner:17名 / Low Intermediate:9名

:プログラミングについてですが、IT人材事業本部の仕事は、エンジニアさんと対面することが多く、エンジニアさんの気持ちに寄り添うためには、プログラミングを学ぶことはその大きな一歩だと思い、頑張って取り組みました。今まで経験が無かったので難しかったですが、エンジニアの同期もサポートをしてくれたので何とか乗り切ることができたと思います。また、プログラミングの先生からは、技術的な指導だけではなく、分からないことへの探究心や追求心、ビジネススタンスを教えていただきとても有意義な時間だったと思います。


▲真剣な眼差しで学習に取り組みます。

―今後の意気込みを教えてください!

:最初はセブ島という慣れない環境での研修に戸惑いもしましたが、環境は自分が行動して変えていかなければいけないことを身をもって痛感しました。そして、それは仕事でも同じだと思っています。始めは慣れない・わからないことばかりだとしても、準備を重ねることで、少しでも自分に自信を持って仕事に取り組めるように努力していきます。そうした根拠のあるポジティブさを持って、仕事の成果という目に見える形で示していきたいです。


▲総勢27名の新卒社員たち

セブ島で絆を深め、大きな成長を遂げて帰ってきた27人の新卒たち。彼らの今後の活躍にどうぞご期待ください!

2recruit
RECRUIT
一緒に働く仲間を募集しています!
募集職種など詳細はこちらをご覧ください。