geechs株式会社 | 総合インターネットカンパニー

facebookページへ

大阪・福岡にも増加中のITフリーランス!IT人材事業本部の支店メンバーの熱い想い

ギークスのIT人材事業本部では、東京本社以外でもフリーランスエンジニアの支援事業を展開しています。支店で地域に根ざして活躍しているメンバーをご紹介します。


▲アットホームな雰囲気の福岡支店メンバー(左)・人情味あふれる大阪支店メンバー(右)

時代の情勢による、ITフリーランスとしての働き方の増加

ITフリーランスを取り巻く現状

ITフリーランスは今、年々増加傾向にあります。ノマドワーカーに憧れを持つ人が増えたり、政府の働き方改革で、「働き方を選択できる社会を創り上げること」を目指すようになったり、2017年男子中高生がなりたい職業1位に「ITエンジニア・プログラマー」が選ばれたり・・時代の情勢によって、ITフリーランスとしての働き方を選ぶ人が増えてきたようです。

たくさんあるITフリーランスの魅力ですが、中でも「主体的なスキルアップが実現しやすい」・「月の労働時間が契約時に決められるため、ライフワークバランスが取りやすい」という声を聞くことができます。

ギークスの今までの取組み

ギークスは15年前、IT化の波からその必要性を見出し、当時まだ浸透していなかったフリーランスを支援するIT人材事業をスタートしました。営業・事務代行はもちろんのこと、充実の3名フォロー体制によって、定期的な作業状況や将来のご希望についての面談を実施しており、ヒアリング内容をもとにした精度の高いマッチングを提供しています。2017年1月にはフリーランス向け福利厚生プログラム「フリノベ」も提供開始し、ITフリーランスを支援し続けてきました。現在の取引企業数は3,000社、登録しているITフリーランスは12,000名と日本最大級です。

ギークスには東京本社だけではなく、大阪・福岡の支店で働くメンバーがいます。彼らはどんな想いで日々フリーランス支援に励んでいるのでしょうか。

ITフリーランスの啓蒙活動をしている福岡支店


▲TECH VALLEY 福岡#01「TechJIN×ギークスがおくる福岡初のコラボイベント!」に参加されたエンジニアの皆様

エージェントを活用するメリットを福岡から伝える

「フリーランス専門エージェント」が、まだまだ浸透していない福岡。少しずつ増えてはいるものの、ギークスのようなエージェントを利用する人は少なく、知人からの紹介で仕事を得る人が大多数を占めます。そのため、エージェントの存在・役割・メリットが認知されておらず、福岡を中心にギークスのフリーランス支援事業を伝える役割を担っているのがこの支店です。

現在、福岡拠点長として活躍しているメンバーは、東京本社で勤務中に更なるフリーランスの普及を目指し、福岡拠点の立ち上げを事業本部長に志願。当時は1人でクライアント営業とフリーランスフォローを一貫して行い、今では3名体制にまで増えました。ITフリーランス・企業様ともに案件が決まるスピード感にメリットを感じて頂いた結果、設立1年程で200社以上のITフリーランスを必要とする企業様との信頼関係を築かせていただくようになりました。

TECH VALLEYで聞いた福岡在住エンジニアの生の声

各社のCTOや著名なエンジニアがゲストとして参加してきた、ギークス主催の技術イベント「TECH VALLEY(テック バレー)」」をついに福岡でも開催しました。次世代型マーケティングプラットフォーム「b→dash」を手掛けるTechJINとコラボし、最新技術を用いたサービス開発のリアルな話を聞けるイベントです。イベントの懇親会では活発な意見交換も行われた中で弊社に多く質問頂いたのは、「収入」や「安定」に関する質問であり、実際に身近でフリーランスとして働いている人が少ないために漠然とした不安を持っているようでした。

そんな不安に寄り添うために、ギークスメンバーが丁寧に1つ1つの質問に答えます。「15年以上の支援実績による市場知識やノウハウがあります。その知識をもとに、これまでの経歴や今後の希望をヒアリングし、適切なご提案をさせていただいたり、提供しているサービスをわかりやすくお伝えし、漠然とした不安を取りのぞくのが私たちの役目です。」とメンバーは言います。

長期的なお付き合いの中で信頼を得た大阪支店


▲「現役フリーランスエンジニア3名が経験談を語る!ギークス トーク」にて本音で語る現役フリーランス

増え続けていたフリーランス登録者数、突然の停滞

2014年にギークス初の拠点として、関西のフリーランスエンジニア支援を目的に設立された大阪支店。
当初はフリーランス人口が少なく、情報収集が難しい状況であったのに対し、フリーランスとして活躍中の方々に体験談を語ってもらうイベントを開催しました。「フリーランスになるためにどんなことをしたのか」「どんな人がフリーランスになっているのか」「独立の不安をどのようにして乗り越えたのか」といった不安を抱えている方々に向け、トークセッションと懇親会を通してフリーランスの本音を発信。参加者様からは「フリーランスの方の本音トークが聞けた気がします」「疑問に思っていることが色々聞けた」という声も多数いただきました。

そんな大阪支店がある時、壁にぶつかりました。右肩上がりを続けていたフリーランス登録者数が伸び悩む期間が続いたのです。「なぜ?」「どうすべきか?」メンバーは毎日議論を重ね、解決策を捜し求めました。その結果、解決策を探るため東京本社の良いところを学ぶことにしました。

徹底した業務改善による、仕事のクオリティ向上

東京本社には大阪に比べ10倍近くの案件数があり、多様な事例があるためです。さらに、企業から案件をお預かりする営業部、キャリアカウンセラーとしてエンジニアのお仕事決定までをサポートするEP(エンジニアパートナー)部、お仕事決定以降のサポートをするCS(カスタマーサポート)部、そしてギークスのIT人材事業を世の中に向け、発信していくマーケティング戦略部の4部門で構成されています。部門ごとに各担当者の担当領域が決められているので、専門知識がとても深くなります。

それまで営業部・EP部・CS部が担当する内容を一気通貫で提供していた大阪支店でしたが、東京同様の担当制に切り替えました。現在では「事象が少なくわからないことは情報を取りに行き、東京の濃い知識を吸収し、大阪のやり方に適応させる」というやり方が定着しています。

その結果、1人1人の仕事の質もさらに向上してきた頃、「知り合いにフリーランスの方がいるのでご紹介します。」という声も増え、次第に契約数も増え続けるようになりました。「競合他社もいる中で、仕事の成果や人付き合いの中で信頼していただいた結果、仕事を任せてもらえることはとてもありがたいことです!」とメンバーは嬉しそうに語っていました。

1人でも多くのITフリーランスの幸せをサポートしたい


▲TECH VALLYの懇親会にて、エンジニアの悩みに対し親身なアドバイスをするメンバー

福岡のメンバーは、「エージェントのメリットを伝え続け、フリーランスが安心して働き続ける環境を増やしていきたい。福岡は”日本のシリコンバレー”と言われることもあるが、まだまだ伸びしろがあり、将来さらに盛り上がると考えています。エンジニアや企業の方が相談にいらっしゃった時、的確なご提案によって挑戦するサポートをしていきたい。」大阪のメンバーは、「心がけていることは中立的立場。エンジニア・企業の双方に納得していただけるようにしたい。そのために戦う営業マンでありたい。」と、メンバーたちはそれぞれ熱い想いを持っています。その思いをカタチにするため、心からの「ありがとう」という声をいただくため、日々、本気で取り組んでいます。

精度の高いマッチングによって、Win-Winな関係性をつくるのが私たちの役目です。現時点でのご希望やこれからの方針をお聞かせください。対話によって求めているものを引き出し、いくつかの選択肢をご提案します。最適な方法を一緒に考えていきましょう。まずはお気軽にご相談ください。

2recruit
ITフリーランス専門「geechs job」
参加無料「はじめてのフリーランスセミナー」の情報や高単価多数の案件情報はこちらをご覧ください。