geechs株式会社 | 総合インターネットカンパニー

facebookページへ

IT人材事業の新たなスローガン「フリーランスファースト、エンジニアファースト」に込めた想い

ギークスはフリーランスエンジニアを支援するIT人材事業で創業しました。2017年度を迎え、IT人材事業本部は新たに「フリーランスファースト、エンジニアファースト」をスローガンとして掲げています。改めて打ち出された、事業の根本となる「フリーランスエンジニアへのサポート」を注力するという方針。本事業の責任者である小幡が、その背景とスローガンに込めた想いを語ります。

世の中がフリーランスに注目する今、私たちがなすべきこと


▲IT人材事業本部長 小幡

現在、日本政府は『働き方改革』を積極的に推進し、それに伴い多様な働き方が注目されています。働き方改革の取り組みのひとつとして「雇用関係によらない働き方」研究会が発足。そこではフリーランスの事例についても取り上げられ、フリーランスの働き方は今まさに盛り上がりを見せているように感じます。

しかし、私たちは15年前からフリーランスの働き方に注目し、これまで12,000名のご登録者の皆さんにご支援をさせて頂いてきました。その過程は、フリーランスエンジニアがより働きやすい環境を目指して、試行錯誤を繰り返す日々でした。フリーランスという新しい働き方の実践者から寄せられる悩みや要望に応えるべく、サービス内容や体制を変化させ、今日のギークスIT人材事業をつくってきました。

フリーランスが注目される今、この事業において歴史と実績をもつ私たちが果たすべき役割があるのではないかと立ち返ったとき、ある言葉が浮かびました。それが「フリーランスファースト、エンジニアファースト」です。

フリーランスの働き方の実態を明らかにしていく


▲スキルや今後のキャリアなど詳細をヒアリングする個別面談

現状、フリーランスという働き方は注目を集めつつも、その実態は明らかになっているといえません。一口にフリーランスと言っても、その働き方は多岐に渡ります。個人の人脈を活用し複数社から仕事を受注するケース、クラウドソーシングサービスを利用して仕事を探し在宅で働くケース、エージェント会社を経由して営業活動を行い一社から仕事を受注するケース。それぞれの働き方はまったく異なるものだと言っても過言ではありません。

しかし、現状はフリーランスの一側面しか語られていないように思うのです。一般的に、フリーランスは副業的な働き方、と捉えられがちですが、それだけではありません。

私たちのご支援するフリーランスエンジニアの働き方は、プロフェッショナルな高い技術力を提供するものです。一定の契約期間の間、基本的には一社の企業様と契約を行い(※)、現場のメンバーとチームとなって開発業務や技術課題にあたっていきます。そこでは、これまでの豊富な経験やスキルが最大の武器であり、企業にも求められます。私たちはこの働き方を『常駐型フリーランス』と呼んでいます。

常駐型フリーランスの方は一定数いらっしゃるにも関わらず、その働き方は一般的にはまだ知られていません。
「フリーランスファースト、エンジニアファースト」のもと、ご支援すると同時に私たちが成し遂げたいことのひとつは、まだ一般的ではない『常駐型フリーランス』という働き方を世の中に広めていくことです。働き方やその実態を政府に情報提供したり、フリーランスを取り巻く協会団体と情報交換したり、これらの活動を行なうことがフリーランスの皆さんの働きやすい環境づくりの第一歩だと考えています。

※ギークスのサービスとして同時に複数企業とのご契約をすることは行っていませんが、ご登録のエンジニアの方には個人的な営業活動を通じ、複数の企業と契約を行っている方がいらっしゃいます。

過去の経験にとらわれず“パラダイムシフト”を起こす

「フリーランスファースト、エンジニアファースト」を徹底するために、私は「パラダイムシフトを起こしたい」と考えています。それは先ほどお話したように、世の中に向け働き方の発見を促していくこともひとつです。さらに、われわれの支援体制に対しても同様に改革していきます。

これまで今まで私たちが提供してきたことが、本当に“求められていること”なのか。フリーランスを選択した本当の理由とは何なのか。これまでの経験にとらわれずに、本質的な価値について追求していきます。

そのため、より一層フリーランスエンジニアの声を聞くことが出来る場を設けていき、それをサービスに還元していきます。もし、その過程で新たなサービスが必要だと感じれば積極的に取り組んでいく方針です。

政府への情報提供によって「働き方改革」推進に貢献していくとともに、フリーランス支援事業者としてより満足して頂けるサービスをご用意する、これらによって「フリーランスファースト、エンジニアファースト」を達成していきます。

進化した組織で、フリーランスにとって最高のパートナーへ


▲更なる進化を続ける組織、IT人材事業本部

われわれの支援体制の強化として、昨年は属人性の強かった組織を改革し、ひとりひとりがマーケティング脳をもって動くよう働きかけてきました。それによって、あらゆる情報を共有することで効率化され、メンバーの課題の発掘・解決能力も向上しました。

ただ、今期のスローガンを達成していくためには、更なる進化が必要です。ここから目指す組織は、ひとりひとりが『リーダーシップ』を意識したチーム。固定観念に縛られない発見や行動を求める今、個人が積極的に課題発掘し、周囲を巻き込んでいく姿勢が必要になります。仕組みが生かされた組織の動きと、柔軟でスピード感のある個人の動き、この二つの動きで強固な組織を目指しています。
フリーランスにとって最高のパートナーであるため、進化を追及することに終わりはありません。

2recruit
RECRUIT
一緒に働く仲間を募集しています!
募集職種など詳細はこちらをご覧ください。